fc2ブログ

「美芸」朱泥鋲打丸鉢





お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
何時も当ブログへご来訪頂き、ありがとうございます。

今日のご紹介は “美芸さん” の “朱泥鋲打切足椀型丸鉢” です。
ロクロ整形の胴に歪みなく鋲打ちがされた素晴らしい器形です。


※ 昭和14年9月生まれ。 常滑の小鉢作家。
昭和33年に焼き物の道に入り、ロクロ技術を覚える。
昭和44年には樹鉢の生地造りを開始。 昭和50年独立開窯。
“美芸鉢” と言えば、朱泥ぼかしの小鉢が有名で小品愛好家の人気が高い。
一品手造り制作では中品から大物鉢も手がける。
泥物が主で、洗練された装飾は小鉢製作の磨かれた感覚によるものである。
(遊恵盆栽 案内より、一部加筆)

【参考】 みさきのミニ盆栽遊び
https://ameblo.jp/minibonsai-asobi/entry-12777862188.html

FC1418-01.jpg
FC1418-02.jpg
FC1418-03.jpg
FC1418-04.jpg
FC1418-05.jpg


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

「片岡黎鳳」白交趾釉鋲打太鼓胴





お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
何時も当ブログへご来訪頂き、ありがとうございます。

今日のご紹介は、“片岡黎鳳さん” の “白交趾釉鋲打太鼓胴丸鉢” です。
常滑の白釉では断トツの “白交趾釉” に近い発色を実現されています。
“山藤” を植付けています。 (4枚目写真)

FC1417-01.jpg
FC1417-02.jpg
FC1417-03.jpg
FC1417-04.jpg

※ 片岡勝資さん (黎鳳) : 焼締の泥鉢が殆どの常滑において早くから釉薬色鉢を手掛ける。 中国古渡・中渡の白交趾、黄交趾、均釉などの再現につとめ若くして定評を得る。 十分に焼き締まった胎土に柔らかなフォルムを見せる作品はまさに “用の美” と言える高品質な仕上がりを実現しています。 (KINBON WEB SHOPより)
お父さんは昭和40年代の展示会での盆栽鉢を席巻した “片岡誠山さん” です。
奥様は鉢作家の “片岡美津江さん”。
5枚目写真は “片岡勝資さん” 盆栽エンパイア(Bonsai Empire)より
FC1417-05 (片岡勝資・黎鳳-誠山陶園)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

「柴勝」織部釉 内縁長方鉢





お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
何時も当ブログへご来訪頂き、ありがとうございます。

今日のご紹介は、“柴勝” さんの “織部釉 内縁切足長方鉢” です。
シャープでスッキリとしたボディーが良いですね~
“銀杏” の寄植えを植付けています。 (5枚目写真)

FC1416-01.jpg
FC1416-02.jpg
FC1416-03.jpg
FC1416-04.jpg
FC1416-05.jpg

※ 柴田 勝一さん (柴勝) 昭和43年に製陶業に入り、52年に “柴勝苑” 開窯。
押型成型の量産主体から、タタラと押型による手づくり主体に移行とのこと。
安価で素晴らしい小鉢を制作されています。
6枚目写真は “柴田 勝一さん” 盆栽エンパイア(Bonsai Empire)より
FC1416-06.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

胴半分シャリの「寒グミ」葉切り・芽摘み





お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
何時も当ブログへご来訪頂き、ありがとうございます。

胴半分がシャリの “寒グミ” です。
毎年、花はいっぱい咲き結実しますが、殆ど落果し数個の実しか残らない樹です。
昨年の花期に “ジベレリン処理” しましたが、花後いっぱい結実したものの・・・
米粒ぐらいに成長した後、殆ど落果してまいました。 今は実が数個残るのみです。
残念ながら今回も “ジベレリン処理” は失敗でした。
気を取り直して “葉切り”・“芽摘み” を行い、樹姿を整えておきました。

FC1415-01.jpg
FC1415-02.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

「和雀」外縁隅入雲足長方鉢 (尚古堂型)





お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
何時も当ブログへご来訪頂き、ありがとうございます。

今日のご紹介は “市橋和雀さん” の “外縁隅入雲足長方鉢” です。
天場を飾るに相応しい鉢の中の鉢、所謂 “尚古堂型鉢” です。
1995年近くの鶴見緑地で開催された “春雅展” 売店でご本人から購入。
25000円でした。 今なら安価なヤフオクでも3.5~5万円はする鉢です。
(業者の販売価なら7~8万)
色んな作家さんが造られていますが殆ど型押し成型です。
手造りでこれ程の完成度の高い作家さんはいらっしゃらないでしょうね!

当家では看板の “黒松” を植えています。

FC1414-01.jpg
FC1414-02.jpg
FC1414-03.jpg
FC1414-04.jpg
FC1414-05.jpg
FC1414-06.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

プロフィール

bonsainikki313

Author:bonsainikki313
盆栽ライフを楽しみましょう!

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR