fc2ブログ

高1時代:片上鉄道で喝上に遭う





お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。

■ 今日は “盆栽ネタ” がありませんので、大昔の高校生時代のお話です。

もう58年も昔、私が高校1年生の時 (昭和39年) でした・・・
私は通学で “片上鉄道” (廃線) の “吉ヶ原”~“和気” 間を利用していました。
昭和39年 (1964年)~42年 (1967年) です。
当時は “同和鉱業・柵原鉱山” の最盛期で “片上鉄道” も上下37本の貨・客列車が運行されてました。
朝の通学時間帯は “吉ヶ原” から “和気閑谷高校” (和気)・“備作高校” (周匝) への通学生、“周匝” (すさい) で “備作校生” が降りるとその分以上に “和気高生” が乗り込み満員状態でした。
“吉ヶ原”~“和気” 間で乗客の多い駅は “吉ヶ原”・“周匝”・“備前矢田”でした。 “和気” で “和気高生” がごっそり降りると “備前高生” (片上) が乗り込みました。
ですから “和気駅” の地下通路はメッチャごった返しましたよ。
● 朝の通学列車。 蒸機が牽引していましたよ。
FC0982-01.jpg

私は部活 (柔道) で帰りは “和気” 発17時42分の列車でした。 この列車には岡山市内から帰る私立高校の生徒もいっぱい乗っていました。
その中に “関西高校” (かんぜいこうこう) の “悪・K” がいました。
当時 “関高” (かんこう) と言えば県下の “悪” 達が一番多く集まる学校でした。 勿論他の私学と同じく “特進コース” も設置されていました。 “津山高校” 受験に落ちた頭の良い “吉岡中学校” の同窓生も行きましたからね。
“悪・K” は “周匝” で乗降していました。 その “悪・K” から “和気駅構内” で 「500円持って来い」 と喝上 (かつあげ) されました。 “周匝” は “吉ヶ原” の2つ手前和気寄りで、“片上鉄道” を押さえていたのでしょう。 当時の500円は現在の5000円以上でしょうか!
同窓生の “B君” (同じく柔道部) もやられたらしいです。
即柔道部の先輩に言いましたが、先輩も手が出せなかったようです。
それから2ヶ月ほどは “悪・K” に見つからないように乗車していました。 気動車が2輌連結でしたからそのどちらかで・・・
が結局見つかり 「お前の家は片親だから良いわ!」 と・・・
呆気に取られていると当家の近所にいる和気高の “悪・T” に聞いたそうで開放されました!
近所の “悪・T” は “警視庁” に行きましたから分からないものですね。 “悪・K” については知りません。

それが私が “喝上” (未遂) に遭った顛末です。


● 気動車車内です。 当時の写真がありませんのでネットから拝借
  こんなにガラガラではありません。 帰宅時間帯も殆ど高校生でビッシリでした。
FC0982-02.jpg

● 当時の気動車塗装色です。 廃線時の赤系統色と違い “青緑色” でしたよ。
FC0982-04.jpg
FC0982-05.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんはー♪
興味深いお話でした😊昔の列車は風情ありますね。全ポチ凸

No title

こんばんは。
ワルはワルなんでしょうが、家庭環境に配慮するようなところもあったりするのが時代でしょうか?
それにしても柔道部相手にカツアゲするとは、悪K、相当腕っぷしに自信があったんでしょうね。

No title

今となっては懐かしいですね。


ナイス&村ポチ¶

No title

こんばんは
 なるほど汽車通学はそんなんこともあったでしょうね 私など地元の高校で陸上部の部長 演劇部の部員 3年の時は生徒会長などして活躍しましたが父親がいなく 経済的には苦しかったですよ
非公開コメント

プロフィール

bonsainikki313

Author:bonsainikki313
盆栽ライフを楽しみましょう!

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR