fc2ブログ

「寒グミ」 古傷痕を再度手入れ




お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。

傷物の “寒グミ” 記事が続きます。 これ全て “ヤフオク” での購入品です。
当家の近所に “盆栽屋” さんやシッカリとした “園芸店” が無いため手軽に買える “ヤフオク” で一時多くの樹々を購入しました。
“ヤフオク” は写真での判断ですから、樹の “枯れ”・“ヤケ” は判断できませんのでこんなことが発生するんですね。

購入時 “入手~改作~植替え” 記事をアップしています。
 ・2011/03/13 https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001/entry-12467777925.html
 ・2011/03/14 https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001/entry-12467778006.html
 ・2011/03/15 https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001/entry-12467778061.html
当時傷の補修をした “カットパスター” が剥がれていましたので、今回の手入れで古傷痕を削り直し “トップジンMペースト” を塗布し徹底的に補修しました。
ペーストが硬化すれば例によって “トップジンMペースト”+“石灰硫黄合剤” の混合剤を塗布したいと思っています。


こうして見ると “寒グミ” は “枯れ”・“ヤケ” の多い種ですね。 皆さんもお気を付け下さい。
FC0393-01.jpg
FC0393-02.jpg
FC0393-03.jpg
FC0393-04.jpg
FC0393-05.jpg
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

スポンサーサイト



コメント

No title

やはり盆栽は現物みて買うのが良いですね。
写真では余り分りませんね。
高齢になると色んな所が悪くなります。
仕方のない事と諦めるしかないようです。

ポチ

No title

こんばんは。
過去記事から読ませて頂きました。
今ある頭は鶴見陶苑さんが1から作り直したものなんですね?

それと9年前、削った箇所の脇にあった芽が、立派な枝になるまで成長しているのに、それに引っ張られて傷が巻いている様子が無いように見えますが、グミの傷は巻かないのでしょうか?

No title

葉刈り前だと傷が隠れて素敵な樹形に見えますね。


村ポチ

こんばんは。

シャリの処理進んでいますね!

おやすみなさい、村ポチ!👍

非公開コメント

プロフィール

bonsainikki313

Author:bonsainikki313
盆栽ライフを楽しみましょう!

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR