fc2ブログ

“吉ヶ原駅” で “初恋の人” を送る





お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。

■今日も “盆栽ネタ” がありませんので、昨日に続き昔話です。

今日は、中学生時代 (60年程前) のお話です。

中学校は岡山県久米郡 “柵原町立・吉岡中学校” に1961 (S36) ~ 64 (S39) 年まで在籍しました。 (現在は統合され “柵原中学校” に!)

1961年、中学生に成った私は人並みに “初恋” を経験しました。
“久木小学校” 出身の “SSさん” です。

“吉ヶ原小学校” の同窓生80数名から中学校では280数名に成ったのですから色んなことが新鮮でした。
“SSさん” は特に可愛いとか感じませんでしたが、活発な娘でしたので直ぐにファンになりました。

でも恋い焦がれると言ったことではなく、恋心を抱いた程度です。
ただ気になるのでよく口喧嘩をしました。
“SSさん” も私の気持ちは薄々分かっていたのでしょうが、私などその対象ではなく単に口喧嘩相手だったんでしょう。

当時 “柵原鉱山” は一次の低迷期にだったのか、人員整理がありました。
中学2年生の折 (昭和37年) 、“SSさん” のお父さんも大阪方面に転職することになりました。
しかし昭和41年には “最高出鉱” がありました。 皮肉ですね。

友達からいついつ “片上鉄道” で大阪に行くとの情報が入りましたので、“吉ヶ原駅” まで友達と見送りに行きました。
彼女のお宅は “藤原” でしたから “柵原駅” からの乗車です。 お母さんもご一緒でした。
“吉ヶ原駅” には彼女の友達が一人見送りに来ていて、気動車が入ってきて停車すると 「○○君が見送りに来てるよ!」 とでも言ったのでしょう、私の方へ顔を向けビックリし嬉しそうな顔をしました。

私は “ヘタレ” ですからホームまで出て行く勇気が無くて、柵の外からの見送りです。 8m 位の間隔があったでしょうか!
発車ベルが鳴り気動車が動き出すと私は一生懸命手を振りました!
彼女も友達にではなく私に向かって窓から身を乗り出し手を振り返してくれました。
FC0983-01.jpg
FC0983-02.jpg

● “吉ヶ原駅” は “菊池桃子” さんの “グリコ・ポッキーチョコ” のCMが有名です。
 ・https://www.youtube.com/watch?v=_vbLl3OZ9WM
気動車が見えなくなると寂しくはありませんでしたが、これで最後なのかな~と思いましたね。

中学3年になると大阪~奈良~京都への2泊3日の “修学旅行” です。
1泊目が大阪でしたが、夜は “大阪球場” の “プロ野球観戦” に行きました。
地下鉄に初めて乗り、大阪球場の狭くて “すり鉢状” の球場がメッチャ大きく感じました。 “鶴岡監督” を見て感激したり “ハドリ” がホームランを打ったり・・・とても楽しい時間を過ごしました。

観戦後宿に帰って来ると “SSさん” の友達が彼女からのお土産を持ってきてくれました。
とても嬉しかったですが、会えなかったことがとても残念でした。
今も捨てては無いですが、どんなお土産だったのか・・・

彼女とは “高校生” の時、偶然に一度会いました。
“吉ヶ原駅” 前道路突き当りに “散髪屋” がありました。 散髪後外に出ると隣の “食堂” から、突然彼女が出てきて 「○○君!」 と声を掛けて来ました。 突然のことでビックリしましたが、久し振りなので店の中に入り列車の発車時間まで話をしました。 高校生となり夏休みを利用して昔の友達を訪ねて来ていたんでしょう。
何の話をしたか覚えていません。

就職して一度電話を掛けた事がありますが、私が “夜学” に行っていたため会うことも無く電話だけで終わりました。

以上が私の “初恋物語” です。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

スポンサーサイト



高1時代:片上鉄道で喝上に遭う





お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。

■ 今日は “盆栽ネタ” がありませんので、大昔の高校生時代のお話です。

もう58年も昔、私が高校1年生の時 (昭和39年) でした・・・
私は通学で “片上鉄道” (廃線) の “吉ヶ原”~“和気” 間を利用していました。
昭和39年 (1964年)~42年 (1967年) です。
当時は “同和鉱業・柵原鉱山” の最盛期で “片上鉄道” も上下37本の貨・客列車が運行されてました。
朝の通学時間帯は “吉ヶ原” から “和気閑谷高校” (和気)・“備作高校” (周匝) への通学生、“周匝” (すさい) で “備作校生” が降りるとその分以上に “和気高生” が乗り込み満員状態でした。
“吉ヶ原”~“和気” 間で乗客の多い駅は “吉ヶ原”・“周匝”・“備前矢田”でした。 “和気” で “和気高生” がごっそり降りると “備前高生” (片上) が乗り込みました。
ですから “和気駅” の地下通路はメッチャごった返しましたよ。
● 朝の通学列車。 蒸機が牽引していましたよ。
FC0982-01.jpg

私は部活 (柔道) で帰りは “和気” 発17時42分の列車でした。 この列車には岡山市内から帰る私立高校の生徒もいっぱい乗っていました。
その中に “関西高校” (かんぜいこうこう) の “悪・K” がいました。
当時 “関高” (かんこう) と言えば県下の “悪” 達が一番多く集まる学校でした。 勿論他の私学と同じく “特進コース” も設置されていました。 “津山高校” 受験に落ちた頭の良い “吉岡中学校” の同窓生も行きましたからね。
“悪・K” は “周匝” で乗降していました。 その “悪・K” から “和気駅構内” で 「500円持って来い」 と喝上 (かつあげ) されました。 “周匝” は “吉ヶ原” の2つ手前和気寄りで、“片上鉄道” を押さえていたのでしょう。 当時の500円は現在の5000円以上でしょうか!
同窓生の “B君” (同じく柔道部) もやられたらしいです。
即柔道部の先輩に言いましたが、先輩も手が出せなかったようです。
それから2ヶ月ほどは “悪・K” に見つからないように乗車していました。 気動車が2輌連結でしたからそのどちらかで・・・
が結局見つかり 「お前の家は片親だから良いわ!」 と・・・
呆気に取られていると当家の近所にいる和気高の “悪・T” に聞いたそうで開放されました!
近所の “悪・T” は “警視庁” に行きましたから分からないものですね。 “悪・K” については知りません。

それが私が “喝上” (未遂) に遭った顛末です。


● 気動車車内です。 当時の写真がありませんのでネットから拝借
  こんなにガラガラではありません。 帰宅時間帯も殆ど高校生でビッシリでした。
FC0982-02.jpg

● 当時の気動車塗装色です。 廃線時の赤系統色と違い “青緑色” でしたよ。
FC0982-04.jpg
FC0982-05.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

岡山県・昭和橋ライブカメラ (長雨につき)





お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。

雨が降り続き“盆栽”の手入れが出来ません・・・・・
アップするネタがありませんので、故郷 “柵原・昭和橋” に設置されている
“ライブカメラ” 画像をアップします。
降雨時には、3分ごとに更新される画像で “吉井川” の流れを確認しています。
 ・https://livecam.asia/okayama/misaki-okayama/yoshiigawa-showabashi.html 
昨日・今日朝の画像です。 中ぐらいの水量でしょうか!

FC0918-01.jpg
FC0918-02.jpg
FC0918-03.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。ました
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

旧・柵原町立 “吉ヶ原小学校”-1





お早うございます。 「鶴見陶苑」です。
いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。

天候が優れず “盆栽” の手入れが出来ません。 盆栽記事に代わり以前より投稿して来ました “岡山県久米郡・旧柵原町” の記事をアップします。
今回は私の母校 “柵原町立吉ヶ原小学校” の1回目・生い立ちです。

【資料】
・“統合記念誌 吉ヶ原小学校幼稚園のあゆみ” 昭和57年3月
・“柵原町史” 昭和62年10月30日
【沿革】
・明治07年 (1874年) 11月25日・・・・・・・吉ヶ原小学校下等小学創設
                  写真2枚目の石碑 (本経寺内か?!)

・明治14年 (1881年) 04月・・・・・・・・・・・・秀実小学校に名称変更
                (明治8年津山に秀実小学校が設立されている??)

・明治26年 (1893年) 04月・・・・・・・・・・・・飯岡村立飯岡尋常小学校
                       吉ヶ原本経寺内に分教場を置く

・明治34年 (1901年) 03月・・・・・・・・・・・・吉ヶ原分教場を廃止し飯岡尋常
                   高等小学校へ統合、飯岡まで通学??

・昭和25年 (1950年)・・・・・・・・・・・・・・吉ヶ原小学校の建設始まる
                            (写真1枚目・矢印部分)

・昭和26年 (1951年) 09月02日・・・・・・・・飯岡小学校吉ヶ原分校落成式
                    及び開校式挙行。収容1~3年 (111名)

・昭和28年 (1953年) 04月20日・・・・・・・勝田郡飯岡村立吉ヶ原小学校開校

・昭和28年 (1953年) 10月11日・・・・・・・開校記念秋季大運動会 (2枚目写真)
                運動場手前は1m程の高さの土手がありました
                写真赤矢印は町の “火葬場” です

・昭和30年 (1955年) 01月・・・町村合併により久米郡柵原町立吉ヶ原小学校と改称

・この年、昭和30年 (1955年) 04月06日、私は “吉ヶ原小学校” へ入学しました。
6枚目の表、赤の着色部分は私の在席期間です。
写真2~6枚目は “統合記念誌” の抜粋です。
FC0815-01.jpg
FC0815-02.jpg
FC0815-03.jpg
FC0815-04.jpg
FC0815-05.jpg
FC0815-06.jpg
・・・・・・続く

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。ました
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

岡山県 “吉ヶ原”、町並みの変遷





こんにちは。 「鶴見陶苑」です。
いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。 本日2本目のブログアップです。

“吉ヶ原” に “避病舎” (避病院・隔離病舎) がありその空建物を転用し “吉ヶ原幼稚園” が開設されたことは既にアップ済みですが、その所在場所を証明する資料を探しておりましたが、見つかりました。

【①】 国土地理院 1948 (昭和23年).03.31 撮影の空中写真です。(写真1枚目)
当時の “吉ヶ原” は “岡山県勝田郡飯岡村吉ヶ原” でした。
“本経寺” の左下に2棟の建物がありますがこれが “避病舎” です。 こうした “避病舎” があること自体、当時 “法定伝染病” (主として赤痢) が流行ったことの証明ですね。
“吉ヶ原幼稚園” の開設 (昭和31年6月) 後ここに行ったことがありますが、“メダカの学校” を歌う園児の大きな歌声は今でもクッキリと耳に残っています。 私の2才下からの入園でした。 “幼稚園” に行けなかった私は羨ましかったですが・・・
建物の西に幅2×深さ1mぐらいの池があり “イモリ” がいっぱい居ました。 それを見に行っていたんです。
こうして空中写真を見ると1948年当時、田圃や畑が多かったですね~。 “柵原病院” は無く、“鉱山社宅” も半分ぐらいしか建っていなかったですね。 勿論 “吉ヶ原小学校” もありませんでした。
FC0796-01.jpg
●写真2枚目は、「統合記念誌」 より “吉ヶ原幼稚園のあゆみ” 部分です。
FC0796-02.jpg

【②】 国土地理院 1964 (昭和39年) .05.16 撮影の空中写真 (写真3枚目)
“東京オリンピック” 開催年。 “柵原鉱山” の最盛期です。 “鉱山社宅” もCB造の建物に代わってきています。 この後 “柵原鉱山” の業績は石油化学肥料の台頭により下降線をたどり昭和47年には大幅なリストラが実施されたのでした。
山の麓に “火葬場” がありました、近くの “社宅” は迷惑だったでしょうね。
FC0796-03.jpg

【③】 現在の “吉ヶ原の町並み” (写真4枚目・ヤフー地図より画像拝借)
この地で生まれ育った者にとっては無くなった施設がいっぱいあり、随分変わってしまったことに一抹の寂しさがありますが、“吉ヶ原” がそして “柵原” が地道な発展を遂げてくれることを願ってやみません。
写真 【①】-【②】-【③】 を比較していただくと、その発展・変遷振りがよく分かると思います。
FC0796-04.jpg

【④】 “柵原斎場” (写真5・6枚目、グーグルストリートビューより画像拝借)
赤磐市、美作市、美咲町が組合を設立し運営。 斎場の場所は “飯岡” に近い “吉ヶ原” 東部山の中です。

FC0796-05.jpg
FC0796-06.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
「にほんブログ村」 に参加中、ポチッと押して下さいね。ました
「FC2 ブログ ランキング」 に参加中、ポチッと押して下さいね


■■“アメーバブログ” に旧 “ヤフーブログ” 記事 (4290本) を記録・保存しています。 時間が許せばご来訪ください。
「鶴見陶苑」の盆栽日記 (録)
 ・https://ameblo.jp/d-and-p-ay2001

「片上鉄道」吉ヶ原のブログ
 ・https://ameblo.jp/katatetu-kichigahara2015/

プロフィール

bonsainikki313

Author:bonsainikki313
盆栽ライフを楽しみましょう!

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR